結納
結納のこと
写真1
基幸庵は昭和48年に「お茶・結納品の店 基幸庵」としてスタートしました。別室(和室)では結納品を展示してご相談を承っております。
結納は家と家を結ぶ節目の儀式です。現在は仲人を立てることなく結婚まで話が進むことが多くなって来て、先方の話やお考えをなかなか聞く機会もなく結納を迎えられることが多いのが現状です。
また、結納は地域性が高いものであり、一般的な本などではなかなかわかりにくいものです。「基幸庵」では長年の実績のもとに《納める側》《受ける側》双方のマナーやご相談を承っております。
結納の申し込みやご相談は電話でのご予約をお勧め致します。
茂久禄
「結納品」は結婚する二人の幸せと子孫繁栄を願う縁起物を様式化したものです。昔はすべて現物の品が贈られていましたが、現代では 長熨斗(ながのし)、寿栄廣(すえひろ)、結納料、御知家(おちゃ)、子生婦(こんぶ)、寿留女(するめ)、友白賀(ともしらが)、家内喜多留(やなぎたる)、賀慶鯛(かけだい)が贈られます。
結納品は本来、婿方の誠意と感謝の気持ちを細かな水引に結んで心の絆を願い、品物に代えて持参するものですから、娘さんを今日まで大切にお育てになられたご両親に対しても婿方の心を形に表して贈られます。
写真2
写真3 写真4
九州地方の特徴である「御知家」の入った結納一式です。
お祝事は本来金銀・紅白を基調としています。
又、この他にも「優美和(ゆびわ)」を収めることが多く、奇数の品目で揃えます。
写真5
《御受書セット》

結納を受けた際、領収書
代わりとしてお渡します。
その他、桜茶・席菓子
などのご準備も必要です。

写真6
《結納羽子板》

(制作費・ガラスケース込)
幸せなお二人のご婚約の印
「結納水引」をいつまでも大切な
思い出として残します。
また、毬や虎を入れてお子様の
誕生のお祝いとしても飾れます。

ページトップ